読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年後のための資産運用!(2年目)

20代の会社員です。資産運用のことを書いてゆきます。

南アランド円ってどうなの?

南アランドは高金利通貨として有名です。

例えばくりっく365では大体150円/日程度のスワップポイントが得られるようです。

これは10万通貨を保有した場合のことですが、今は1南アランド=7.10円くらいですから、換算すると710,000円程度になります。

1年間ずっと150円/日が続くとすると、大体55,000円になり、レバレッジ1倍でも年利7%になります。

 

比較的高金利とされる豪ドル円ですらスワップポイントは50円/日程度ですから、南アランドがどのくらいすごいのか分かるでしょう。

では、これも買いと売りを両建てして為替リスクを抑えた場合でも、その高いスワップポイントを享受できるのでしょうか。

 

8/25現在で一番スワップポイントが高いのは(これまた)アイネット証券のようで、南アランド10万通貨当たり220円/日が貰えます。

そして一番スワップポイントが低いのはマネースクウェアジャパンのようで、-60円/日です。

そうすると、1日当たりの差額である160円が毎日無リスクで増やせることになります。

これは、豪ドル円を両建てした場合の2倍弱にもなります!

 

ただし注意すべきは南アランドのスプレッドが広いことです。

アイネット証券のスプレッドは15銭ですから、10万通貨買うとすると、-15,000円の状態でスタートします。

(1南アランド=7.15円のときに買うと、715,000円分買ったことになるが、売りは1南アランド=7.00円となるため、700,000円の評価額としてスタートする。)

同様に、マネースクウェアジャパンでは-20,000円の状態でのスタートです。

 

そうすると、同じタイミングで両建てをしたとしても、合計-35,000円でのスタートとなり、160円/日増やせるとしても、そこに達するのには218日かかります。

それまでのスワップポイントは損失の充填に使われるだけになります。

 

もちろん、両建てのタイミングをずらしたり、もっとスプレッドの狭い口座を使ったりすれば、もっと早くの時点から利益が積み重なるでしょう。

とりあえず、今回は調査だけで、まだ私はやっていませんが、機会があれば挑戦してみたいと思います。